清掃本舗オリーブ > スタッフブログ

店舗・商業施設の清掃本舗オリーブ|スタッフブログ

トイレ清掃を会社の問題にしない

会社のトイレ掃除が問題になっています、トイレ清掃を誰が担当するのかという問題です。
例えば、男性社員と女性社員がそれぞれのトイレ清掃をしている会社は多いと思いますが、キレイになるのは女子トイレばかりということになるのです。

どうしても、男子トイレはどんどん汚れていきます、中にはトイレを詰らせてしまったり、その理由がトイレットペーパーの芯をトイレに流してしまったということが原因という場合もあるのです。
では、トイレ掃除を男性社員に真面目に行えというのが正解なのでしょうか、トイレ清掃を従業員の仕事のひとつにするというのは、実は難しいものなのです。

人の嫌がる仕事を率先して行うことを精神修養と称している会社もありますが、そういった精神論では解決出来ないのがトイレ清掃なのです。
なかには精神修行と称して素手で行なわせている会社もありますが、そういった会社はブラック会社として優秀な人材を得ることすら難しくなってしまうのです。

オフィスのトイレを清潔にキレイに保つ事はとても重要な事ですが、それを社員やスタッフの仕事にするのは実は難しい話なのです。
ほとんどの会社では暗黙の了解ということになって、当番制でトイレ清掃をしているのが現実です。

暗黙の了解で汚いトイレはキレイになりません、オフィスの印象を最悪のものにしてしまってからトイレ清掃くらい外部の業者に頼んでおけばよかったと考えても遅いのです。
実際に週に1回、月に1回のトイレ清掃を専門の会社に依頼すると日々のトイレ掃除は簡単になります。

汚れがないトイレはどんどんキレイになっていきます、汚れがなければキレイに使おうとするのが普通なのです。
汚れたトイレはどんどん汚くなり、綺麗なトイレは汚れないというのは当たりまえです。
トイレの臭いは汚れが石灰化したり、こびり付いた臭いが取れないからなのです。
定期的に徹底的にトイレ清掃を行うことで、トイレはいつまでもキレイに保つ事ができ、トイレ掃除が会社で問題になることもないのです。

プロのトイレ清掃の会社に任せる

飲食店などはどうしてもトイレ清掃をスタッフで手分けをして行う必要があります。
これは、不特定多数が使用するトイレでは仕方のないこと、しかし、ある飲食店によっては衛生管理の問題もあり、トイレ清掃をしっかり外部のスタッフに任せているところもあります。

従業員にさせても衛生管理や炎上管理をしなければいけないのが、現代の状況なのです。
2013年は飲食店の従業員やアルバイトの炎上投稿がたくさん行われた年でした、中には冷蔵庫の中に入ったり、廃棄用の食材の中にダイブした写真なども投稿されました。

つまり、トイレ清掃も非常識な投稿がどこかで起こるのは時間の問題と言っても良いのです。
トイレ掃除を外部の専門業者にまかせるのは、もしかするとお店を守ることになるかもしれないのです。
実際に、大手のファストフード店で大きな炎上が起こっていないのはマクドナルドくらいのもので、どこでも社員教育やバイト教育には頭を悩ませているのです。

もちろん、従業員教育やスタッフ教育がしっかりと出来ていて、衛生管理も問題がなければトイレ清掃も飲食店の従業員やスタッフが行えばいいことです。
しかし、トイレをキレイに保つためには日々の清掃だけでは不十分です、月に1度でもしっかりとキレイにする時間を作り、本格的にトイレをキレイにするというのは飲食店スタッフだけでは不可能です。

トイレという空間の清掃、便器の掃除、タンクやパイプなどの洗浄など、専門の掃除道具があって初めて綺麗に出来るというものもあるのです。
水垢を取る洗剤、黒ずみをキレイにする方法など、スタッフに全ておまかせというわけにいかないことは明らかです。

お店の中をピカピカにしておきたい、厨房の中をキレイにするのは調理人の仕事かもしれませんが、トイレをピカピカにするのはまた別の話です。
配管が詰れば配管屋さんを呼ぶように、トイレも本格的にキレイにしようと考えたときにはプロのトイレ清掃の会社に任せるべきなのです。

大掃除の前にプロのトイレ清掃

家庭でも会社などでもトイレ清掃は大変です、定期的に清掃会社に頼むようにしているという話もよく聞きます。
毎日使うトイレは、こまめにその都度掃除することが一番オススメの方法でキレイに保つには手っ取り早い方法ですが、一度汚れを放置するとそのツケは大きくなります。

トイレ清掃はトイレの部屋全体の清掃の方法から、便器をキレイに掃除する方法など、さまざまです。
一見キレイでもトイレの中に入るとどうしても臭いを感じてしまうという場合には、トイレ清掃で見逃しているところがあるというワケです。

大掃除の時期に大慌てでいろいろな清掃アイテムを買ってきて一生懸命綺麗にしても、いまいち臭いが気になるという場合が多いので、水回りやトイレ回りはプロの清掃業者に任せてしまうというのは賢い方法なのかもしれません。

プロが教えるトイレ清掃の方法というウェブサイトの情報を見たり、テレビ番組を見ても、多くは特別の洗剤や器具を使っています。
窓枠をキレイにするというレベルではないのです、洗面台くらいなら歯ブラシで対応できますが、トイレ清掃ということになるとそれなりの掃除用具も必要となるわけです。

便器がキレイになるという場合でも、本格的にキレイにするならプロの手が必要です。
テレビのコマーシャルのように、水を流すだけでピカピカになるなど、あり得ないのです。
家庭で出来る範囲のことと、プロの業者さんが出来ることには違いがあります、毎月頼まなくても年にトイレは一度、徹底的にキレイにしてもらって、あとはキレイをキープするということに勤めるというのがお勧めの方法になります。

どうしても行き当たりばったりの掃除になるのが素人の悲しいところ、トイレ清掃のノウハウがないまま、同じように掃除を繰り返していても決してトイレから臭いを締め出せません。
一度徹底的にキレイにしてから、気持ちよくトイレ掃除をするようにしたほうがいいでしょう。

大掃除の前に頼まれてみてはいかがでしょう。

プロの業者さんにトイレ清掃をお願いする

家庭でもトイレ清掃を定期的にプロの業者さんに頼むのがオススメなんだそうです。
トイレ便器も年々新しくなり、プロの手で隅々までキレイにしてもらうことで、気持ちよく利用出来るそうなのです。

先日もトイレ清掃のテクニックとして、消臭フィルターの清掃の仕方や、トイレのタンクの中をキレイにすることで、トイレからの異臭を限りなくさせなくさせるという、プロのトイレ清掃の方法をテレビ番組で説明していましたが、とても素人では簡単に出来るようなものではありませんでした。

費用と効果のことを考えると、まずは一度プロのトイレ清掃の会社にスッカリキレイにしてもらってから、日々の清掃を家庭で行うというのがよさそうです。
なかなか気が付かないものですが、トイレの匂いや水回りの匂いは家庭それぞれによって違います。
ですから、異臭がしていてもあまり気が付かないということが多いそうなのです。

プロの業者さんにトイレ清掃をお願いすると、プロの視点でトイレのどこから臭いがしているのかをしっかりとキャッチしてくれます。
そして、出来る限りキレイにしてくれるので、臭いの元を絶つことが出来るのです。

トイレ掃除は風水などでもとても大切なこと、開運のためにはトイレ掃除は欠かせませんが、汚れを見逃した状態でトイレ掃除を重ねていっても意味はありません。
一度、すっかりキレイにしてからメンテナンスとして、毎日のトイレ清掃を行うというのがオススメです。

トイレ特有の汚れは、水質や住宅の配管の状態、トイレタンクの問題などいろいろな要素が絡んできます。
普通の住宅であれば、まずトイレタンクの問題もありますし、トイレ便器を一度取り外してキレイにするプロのトイレ清掃の方法もあるのです。
長い間汚れたままにしてあったトイレに残った汚れは素人ではなかなかキレイにすることが出来ません。
トイレ清掃の為に重曹やクエン酸を用意しても、効果的に使えなければ仕方がないのです。

プロのトイレ清掃を定期的に頼む

トイレ掃除を専門の業者さんに頼んでいる企業が増えているそうです。
お客様が利用するところや従業員が利用するトイレ清掃を、社内スタッフでキレイにしようとしても、限界があるので、費用と効果のことを考えると外部に頼んでしまったほうがいいという判断なのでしょう。

プロのトイレ清掃を定期的に頼むことで、いつまでも清潔でキレイな状態を維持できるので、毎日の清掃が楽になるというメリットもあるようです。
実際、キレイなトイレであればあるほど、利用者がキレイに使おうとするので、清掃も楽になるというわけです。
ピカピカの洗面所やピカピカのトイレで、仕事が進む面もあります。
「今日も頑張るぞ」という気持ちに社員はなるでしょうし、お客様が利用する際には、トイレを見て悪い印象を抱かないでしょう。
トイレをキレイにしておくのは、どんなところにも気を配っているという意識のあらわれでもあるのです。

企業の中にはトップ自らトイレを掃除するということをアピールしているところもあります。
しかし、それはあくまで外向けのパフォーマンスとして社員には取られていることが多いのです。
実際に、業務としてトイレ掃除をさせるのか、時間外としてトイレ掃除をさせるのかなどの問題もあります。

就業時間外に早出をさせたり、残業代を出さないで就業時間後にトイレ掃除をさせたりすることが問題になることもあります。
また、どうしても掃除を社員全員に平等にさせるのは難しいものです、当然、トイレ掃除を頻繁にする人とほとんどしない人が出て来たりするわけです。

古い会社の中には人材教育のようなことを言い出すところがありますが、経費削減としても社員の本業、仕事の能率が下がるようでは意味がありません。
よほどの説得力がなければ、なかなか業務のひとつにトイレ掃除を含めるのは難しいことなのです。
普通の企業であるならば、またある程度の規模の会社になったのなら、トイレ清掃は外部に頼むのがオススメです。

レンガの外壁清掃

レンガ作りの外壁って趣があっていいですよね。外から見ても暖かい感じがします。最近はレンガ作りに見えるサイディング材もあるようです。レンガ作りは長い間多くの人に愛されていました。歴史ある建物の多くはレンガでできています。時代を感じることができていいですよね。横浜にある「赤レンガ倉庫」をご存知ですか?船の汽笛の音と、あのレンガ作りの倉庫、素敵ですよね。デートスポットになっているのもうなずけます。歴史ある建物なので、管理やメンテナンスにも気を配っているのか、いつ訪れても、店舗の中も、外観もきれいに保たれています。レンガ作りの外壁清掃って、やっぱり普通のものとは違うんでしょうか。ちょっと調べてみたんですが、「高圧洗浄機」というものを使って掃除することが多いようです。もし、個人でたわしやスポンジで洗うととしたら、ものすごい体力と時間がかかりそうですよね。この高圧洗浄機って高額なんでしょか。ある人の意見だと、一万円前後の安いものを買うと耐久性があまりなくて、故障したら、新品が買えるくらいの費用がかかることがある、とのことです。それと、その機械を動かしている時にかなりのモーター音が出るようで、ご近所に迷惑にならないか心配です。水しぶきが飛ぶでしょから、使い方に慣れてないと、近所の洗濯物や干してる布団を汚してしまったり、歩いている人に汚い水をかけることになってしまったり、さらに面倒なことになりそうな気がするのも、引っかかるところですよね。やっぱり業者さんにお願いしたほうがいいような気もします。業者さんがやっても、音も水しぶきも出るでしょうが、それを最小限に抑えてくれるかもしれません。何よりも、張り切って自分でやっても、思ったようにきれいにならなかったり、疲れ果ててしまったら、あんまり意味がないように思います。レンガ作りの建物なんて、みんなに親しまれて、多くの人に見てもらう機会が多いものですから、いつでもきれいな外観をたもっていて欲しいですよね。

人目につく外壁はいつもきれいに

日が当たらない北側の壁や、植え込みの近くの壁は、湿気が多くカビやコケが生えやすいところですよね。植え込みの近くの壁ということは、付近を歩く人の目の付きやすい所の外壁が、カビやコケで覆われてしまうということです。なのでそこを訪れる人は、いつもその壁を目にすることになります。コケはどんどん壁づたいに広がる傾向があるので、定期的に外壁清掃することが、外観をきれいに保つことと、壁を長持ちさせることに大きな影響を与えます。ふだんのちょっとしたお手入れであれば、水洗いである程度きれいになります。ホースで水をかけながらやわらかいブラシやスポンジで、ほこりや泥などを洗い流してしまいます。水洗いしてもなんだかすっきりしないようであれば、中性洗剤をぬるま湯に溶かしたもので、かるくこすって洗うこともできます。でも、ここで要注意。かるくこするつもりでも、汚れが気になってついゴシゴシなってしまうものです。力を入れてこすると、壁の塗料が剥がれてきてしまうこともあります。長年洗っていなければ、なおさら壁が傷んでいることが考えられますので、気をつけてください。個人の家の外壁でも十分な面積がありますが、店舗や施設となると、外壁清掃をするのは一苦労です。面積も半端ないものになります。手袋をはめて作業しないと、肌に刺激を与えます。ここはやはり業者に頼むのも知恵のある決定と言えるかもしれません。専用の掃除器具や業務用の洗剤で、徹底的にきれいにしてくれます。素人が頑張ると、力と時間を浪費してしまい、思ったほどきれいにならなかったり、それだけでなく外壁を傷めてしまうこともあります。「必要経費」と腹をくくってプロの力を借りましょう。ここをケチって長い間外壁清掃しなままでいると、外壁の痛みが早くなり、外壁を張り替えることにもなるかもしれません。外壁材の中の壁までが影響を受けてしまったりしたら、取り返しのつかないことになってしまいます。一年に一度、中も外もきれいにして、気持ちよく長く過ごして生きたいものですね。

サイディング外壁清掃

新築の建物、どこから見てもきれいで気持ちがいいものですよね。新築できれいなのは、言ってみれば当たり前。使っているうちに、あちこち汚れがついてきます。最初のうちそんなに気にならなかった汚れも、時間の経過と共にその汚れの度合いが強くなってきます。特に、窓の下とか雨がつたって流れるところの、外壁の汚れはある程度の時間が経つと、急に汚れが目立ってきて、気になってしまいます。外壁にコケが発生するのもよく聞く話です。外壁に使っている物によっても、大きく違ってくるのかもしれませんが、劣化しているサイディングは、デッキブラシのような固いものでこすってしまうと、驚くほど簡単に表面の塗料が剥がれ落ちてしまいます。剥がれ落ちてしまったものは、もう戻りません。汚れを落としたかっただけなのに、サイディングの塗料まで落ちるとは・・・。そういう部分って、外から見る度に気になってしまいますよね。外壁って全体がかなり汚れているものだから、一部分だけ外壁清掃するつもりで始めても、まわりの汚れがかえって目立ってしまう、という難点もあります。サイディング塗装が剥げ落ちてしまったら、もともこうもありません。メーカーによって違うのかもしれませんが、一般的にサイディングの補償期間は2年のところが多いようです。最初の2年なんて、ほとんど何の問題も起きないものですよね。だから2年なんでしょうけど。その後の劣化や剥がれ落ちは仕方がないことなのかもしれない、と腹をくくるしかないのかもしれません。いかに長持ちさせるか、という観点から考えるほうが賢いですよね。外壁清楚を定期的にしてると、外から見たときの、その店舗や施設のイメージがグッと上がります。定期的に清掃してメンテナンスするにも、もちろん費用がかかりますが、もしそうしていないと、外壁材だけでなく、壁そのものに良くない影響が及ぶこともあります。そうなると、もっと高額な費用がかかってしまいます。なんでも早め早めの対応が肝心なんですね。

街の景観を左右する外壁

日本でも、場所によっては、その景観を重視して外壁の質や色がある程度決められていることってありますよね。海外のある町も、やはりそのような条例があるようで、そこを訪れると、見事にそれぞれ色鮮やかな色で、壁が塗られています。そこに居るだけで、気分も高揚してきます。街の景観を大きく左右する外壁。外壁によって、そこがホッとする場所なのか、危険を感じる場所なのか、わたしたちは無意識のうちに感じ取っています。残念なことに、落書きは後を絶ちません。フランスのパリで大掛かりな外壁清掃作戦が行われたことがあります。清掃用具類を載せたライトバン17台、落書きとの戦いを専門にするマイクロバス7台、スクーター12台、作業者約130人と、その人たちをサポートする、落書きを見つける偵察者16人で構成されました。このプロジェクトの目的は、パリから落書きをなくし、きれいな外壁を保つことです。1年以内に、パリの壁やシャッターに書かれている落書きの90パーセントと消すことを目標に打ち立てました。その量は、市役所や公共建築物はだいたい20万平方メートル、個人所有の壁は24万平方メートルに及ぶと見られています。一度きれいにした壁に、さらに新しく落書きを見つけたら、12日以内に消すことも目標にしているそうです。この外壁清掃大作戦には、合計4億8,000万フラン、日本円だとだいたい約74億円かかるものと見られているそうです。わたしが読んだこの記事は今から10年以上前に書かれていた記事なので、今頃はパリの街はきれいな外壁でより魅力的な街になっていることと思います。パリの街がこんな大掛かりなプロジェクトを行ったのも、外壁って、その店舗だけでなく、街全体のイメージにおおきな影響を与えますよね。外壁清掃は、壁の寿命も保ってくれますし、そこを訪れる人に、暗黙のメッセージを伝えることに一役買ってくれます。年末も近くなってきているので、そろそろ真剣に考えてもいいのかもしれませんね。

一年に一度は外壁清掃

毎日何気なく見ていると、変化に気づかないものは多くあります。建物の外壁もその一つです。一般的には、建物の中をきれいに保つようにする人は、もちろんたくさんいます。外壁って忘れがちじゃないでしょか。来る日も来る日も、雨・風にさらされて、最も汚れやすい環境にあるのは外壁です。しらない間にどんどん汚れています。外壁清掃ってどのくらいおきにすればいいものなんでしょうか。外壁の質にもよるんでしょうが、一年に一回くらいは業者に頼んできれいにしてもらうと、すっきりするのかもしれませんね。外壁を塗り替える、となるとかなりの高額になりそうな気がしますが、外壁清掃なら、費用も時間も塗り替えるより、簡単ですよね。毎日汚れにさらされている外壁なので、水洗いしただけでも、真っ黒に水が汚れます。こんなに汚れているとは思わなかった、とビックリするほどに水が汚れます。特殊な洗剤でしっかり清掃してもらうと、外から見た店舗のイメージも変わります。外壁の色も、もしかしてくすんでいたかもしれませんが、鮮やかに明るくなります。わたしたち人間の視覚は、多くの情報を脳に伝え、思考や感情に影響を与えます。例えば、同じように味付けされている料理でも、添えるちょっとした物によって、食べたいという感情に変化を与えます。ハンバーグだけでも、もちろん食欲はそそられますが、そこに添えられている、トマトやグリーンの野菜は、そのハンバーグよ食べたいという気持ちをより引き出します。街を歩いていて、薄汚れた壁のお店に入りたい、と自然に感じることは少ないかもしれませんが、店舗の中から美味しいニオイがしてきて、外観もきれいで爽やかなら、自然と足はそちらに向いていくのではないでしょうか。これがわたしたち人間の心理ですよね。外壁清掃、「そのうちそのうち」と延ばし延ばしにはできなくなってきそうです。中も外もきれいで初めて「きれい」と言えるのかもしれませんね。

清掃本舗オリーブ

検索

offcial-bnr

Return to page top