清掃本舗オリーブ > ビル清掃のブログ

ビル清掃のブログ Archive

ビル清掃会社との相性は大切

ビル清掃やオフィス清掃は安いということを中心に探すのではなく、口コミで評判のいいところを探すのがオススメです。
インターネットをチェックするとウェブサイトをいろいろと見つけることが出来ます。

ウェブサイトの比較は、ビル清掃の費用の比較ではなく、あなたの疑問に答えているウェブサイトかどうかのチェックです。
ビル清掃に掛かる費用より、清掃の手順やスタッフの教育体制などをチェックするのです。
ちゃんとしたビル清掃会社であれば、清掃資格をもったスタッフの人数や社内研修の内容がキチンと説明されています。

大手のビル清掃の会社などではスマートなウェブサイトを作っているところが多いですが、説明されているのは費用の説明だけだったりするのです。
ビル清掃会社で全国展開を行っているのであれば、自社のスタッフではなく、外注スタッフに業務を依頼するスタイルで対応している場合も多いわけです。
これは経費が2重に掛かるというだけで、ビル清掃を依頼するほうにとってはメリットは少ないのです。

どういったサービスを行っているのか、どういった質のサービスなのか、どうやってサービスの質をキープしているのかが分かるウェブサイトになっているかをチェックするのです。
ビル清掃会社で大切なのは、掃除の質の高さです、それは、値段の比較ではなかなか分からないものなのです。

費用が高いからちゃんとしたサービスをしてくれるというのは、善意が前提ですが、費用が安すぎるというのは手を抜いている可能性があるのです。
ビル清掃の目的は綺麗にすることと、綺麗を長くキープすることです。
どんなビル清掃の会社に依頼しても作業は同じようなものと考えるのは間違いです。

親しみやすいウェブサイトかどうかはあなたの感性ですが、ビル清掃会社との相性は大切です。
ちゃんとしたサービスをしている会社かどうかは総合力です、いろいろな情報をチェックしてあなたにピッタリの専門業者を探しましょう。

ビル清掃会社は比較が大切

定期的にビル清掃会社に専門的な清掃を依頼している場合と、社内のスタッフが一生懸命、掃除をしている場合では綺麗な状態をキープできる期間が違います。
もちろん、社内のスタッフが一生懸命掃除をするというのは大切な事ですが、やはり、綺麗なのは専門の会社にビル清掃を依頼するほうなのです。

例えば、床材が木材であれば専門なワックスを使うだけではなく、まず徹底的に綺麗にすること、次にキズや汚れを目立ちにくくすること、綺麗にしたあとでも綺麗が長く持続できるようにすることが可能です。
綺麗を持続させるのはやはり定期的に専門のビル清掃会社に、プロの手で清掃してもらうことが一番なのです。

床を綺麗にする場合にも、使う機材や洗剤などがプロ仕様です、どうしても差が出てしまうのは専門のノウハウなのです。
どんなに丁寧に行っていても効率的で、且つ、しっかり綺麗に、しかも、長く綺麗をキープ出来るのはそれなりのノウハウがあるのです。

ビル清掃は料金の分かり易さがとても大切です、定期的に利用するワケですから1年間でどれくらい掛かるのかということが、ハッキリ分かることがポイントになります。
必ず複数の会社を比較するのが必要なのは、一回の費用だけでなく一年間で掛かる費用の比較なのです。
費用に違いがあっても数千円の違いしかないと考えがちですが、年に12回頼めば数万円の違いになりますし、大掃除の時期に空調機の清掃も行いたいと考えた場合には、そういった違いが大きくなるのです。

清掃費用の大部分は人件費で、高い人件費が必ずしも悪いというわけではありません。
キチンと作業を管理できる責任者がいる会社なのか、その責任者は清掃の資格を持っているのかなどチェックできる点はいろいろとあります。
慌ててビル清掃会社を探すのはオススメできません、必ず複数の業者をチェックして見積もりも電話だけではなく清掃をしてもらうところを見てもらって行う会社にしましょう。

専門のビル清掃会社

ビル清掃のメニューというとカーペットを専門の機械でクリーニングしているイメージや、ビルの窓をキレイにしているイメージが強いものですが、床のワックス掛けなども行っています。

床のワックス掛けというと飲食店などの場合は、お店のスタッフなどだけではもうほとんど無理です。
普段の清掃はなんとか出来ても、一定期間に一度は定期的にプロのビル清掃が必要なのです。
もちろん、ビル清掃の会社は専門業者ですから、いろいろな実績を持っています。
実績イコール、清掃のノウハウというわけですから、ビルやマンションに強い会社なのか、工場やオフィスなどに強い会社などかを最初にリサーチしておく必要はあるでしょう。

ビル清掃の会社はいろいろあります、ビル清掃会社のなかには営業だけで、実際の清掃スタッフは外部の会社に仕事を依頼するというだけのところもあるのです。
また、社内のスタッフだけを派遣するという会社もあります、社内での研修を定期的におこなっていて質の高いスタッフが揃っているというところもあるのです。

ビル清掃の場合には、作業を行える時間帯も依頼する側のリクエストにこたえてもらう必要があります。
営業時間や業務時間が決まっている場合には、その時間を外して対応してもらう必要がありますし、早朝や深夜などという場合もあるでしょうし、土曜日や日曜日、祝日の作業にも対応してもらう必要があるからです。

多くの専門業者の場合、もちろん希望した日時に対応はしてくれると思いますが、大切なのは費用の比較です。
見積もりは数社に依頼してしっかりと比較すること、分からない点があったら納得出来るまで説明を聞くことが重要です。
アパレル業界や飲食業界などは、日中の清掃が難しいところもあります、そういった業界の場合も専門に清掃を請負っている会社があるので調べてみるのがオススメです。
病院などの場合には清掃を行う場合でもしっかりとルールが守れる業者に依頼する必要があります。

ビル清掃を考えてみる

ビル清掃の依頼はビルや行っているビジネスによってそれぞれの会社によってまったく違うものです。
例えば、ビルのオーナー様であればビル全体の清掃、窓清掃や高所窓ガラスの清掃があるはずです。
室内から屋外まで、ビル管理会社がビル清掃を行うというのが普通だからです。
会社のオーナー様であれば、会社スペースの中の清掃は自社スタッフで行っているというのが普通です。
ビルの共用スペースはビルの管理会社が行っていても、自社スペース内は賃貸契約者が行うということになっているからです。

カーペットクリーニングを依頼したい場合や、社内のゴミ清掃、掃除機かけなどもビル清掃の会社で行うところが増えています。
掃除機かけなどは社内スタッフで出来ると考えていても、社員全員が就業時間内に時間を作って交替で掃除機を掛けるというのは大変なものです。

雑用はどうしても若いスタッフや女性の担当になってしまったり、押し付けられてしまったりするので、社内の雰囲気が悪くなっていく場合もあるのです。
トイレ掃除なども男性スタッフが男性トイレを、女子スタッフが女性トイレを行うことになりますが、みるみる男性トイレだけが汚れていくという例などは引きも切らないのです。

会社のスタッフは会社の掃除をするために選抜しているワケではないはずです。
優秀な人が必ずしも身の回りをキレイにすることに長けているというワケでもありません。
完全に割り切って仕事をする人と掃除をする人を分けてしまうというのが、ビル清掃の考え方なのではないでしょうか。

アメリカ映画を見ると、ゴミを集める人が社内を回っているのが普通です。
当然、仕事をする人とゴミを集める人はコストが違うので、完全に役割を分けてしまうほうが効率的なのです。
日本の会社では、身の回りのことは自分達でキレイにするということが美徳のようになっていますが、本当にそうなのかということは一度しっかりと考えてみたほうがいいでしょう。

ビル清掃の会社はいろいろあります

ビル清掃の会社はいろいろあり、床掃除から窓掃除、エアコンなどのクリーニングから照明器具の交換まで行っているところまでさまざまです。
ビル清掃も休日や夜間、早朝で対応してくれるところもあるので、依頼するときには必ず2〜3社から見積もりを取って比較してみるのがオススメです。

面白いのは年末年始の大掃除シーズン、12月に頼むのと11月に頼むのでは費用が違う場合があるので、大掃除を考えているのであれば早めの依頼がオススメです。
ビル清掃も普段は会社のスタッフが行っているので、それで十分と考えている経営者の方も多いと思います。
しかし、専門の器具や専門の知識をもったスタッフが行う清掃にはなかなか敵いません。
毎日の清掃は会社のスタッフの方が交替で行っていても、半年に1度はプロの清掃を入れるとキレイのレベルが上がります。

定期的にぐっとキレイにしておくと、日々の汚れかたも違ってくるのです。
汚れてくるとどんどん汚れていくのは、汚れが目立たないからで、キレイなところは汚れが目立つので、使うときにもキレイに使おうとするのです。

よくカーペットが汚れている会社がありますが、汚れたカーペットをそのままにしておくと取り返しがつかなくなります。
汚れが広がるというだけではなく、汚れたところで働くということになれてしまうからです。
働く方のモチベーションをキープするのは清潔な環境というのも重要な要素なのです。

汚れないように社内を使うというのは当然ですが、汚れたらすぐにキレイにするというのが当然という空気も大切なのです。
飲食店などの場合も同じで、汚い床のお店で食べたり飲んだりを楽しめるお客様はそういません。
床に黄ばみや黒ずみがあれば、それが気になって食べるものだって美味しく感じられないというわけです。

店舗清掃はスタッフでやっているから大丈夫というのも、最近ではとっても危険です。
どうしても本業ではない作業を最近の人は嫌がるからです。

検索

offcial-bnr

Return to page top