清掃本舗オリーブ > オフィス清掃 > オフィス清掃のブログ

オフィス清掃のブログ Archive

オフィス清掃は日常清掃

オフィス清掃は日常清掃とよばれるもので、ゴミの廃棄や灰皿清掃、トイレ掃除、備品補充、オフィス内の掃除機掛けなどさまざまです。
オフィス環境は大型化、密閉化が進み、また高機能化にともなって環境をキープする難易度が高くなっています。

多くのオフィスでは空気清浄機を入れたりして、なんとかオフィス環境を維持する努力をしていますが、大切なのは日常の清掃です。
会社の中の環境は毎日の清掃からですし、専門のスタッフを利用するメリットは図りきれないのです。

オフィス清掃は特殊清掃から一般清掃までいろいろです。
清掃の結果にもきちんと効果測定を行っている専門の会社もありますし、なかにはハウスクリーニングと同じでただ掃除機を掛けるだけといいうところもあります。

費用が違うのは当然ですが、例えば、床掃除など比較費用を検討する際にはどういった品質で行ってもらえるのかを確認することが大切なのです。
ビル清掃の内容や品質は清掃の専門の会社によっていろいろです。

オフィス清掃用の道具はいろいろありますが、どんな風に利用するかによって効果はまったく違います。
オフィス家具や家電には掃除が楽なものと大変なものがあります、毎日の専門スタッフの掃除でオフィスは綺麗に保てます。
オフィス清掃は社内のスタッフで行うより、清掃専門スタッフでプロの手によって行われるほうがいいのです。
社員の方しか出来ない専門機器の掃除もあるでしょうが、会社の中からゴミを減らしたりホコリを減らしたりするのは掃除専門のスタッフで行うことが可能です。

オフィス環境を高くキープして社内業務の効率化や高品質化を目指しましょう。
働く人の環境がよくなれば、仕事の質も変わってきます、やはり気持ちのいい環境で気持ちのいい仕事をするのがベストなのです。
お掃除専門のスタッフがオフィスに入ることで、社内から片付けなければいけないゴミが減っていきます。
ゴミのスペースが減ることで有効なスペースが増えるということなのです。

優良なオフィス清掃の会社

オフィス清掃は専門業者に依頼するのがオススメの方法です。
仕事をする場所ですから社内スタッフでなんとかしようと考える経営者の方もいますが、オフィス清掃を専門業者に依頼するほうがオフィス環境をキープするのが簡単だと考える方もいるのです。

ビル清掃というとビル全体の清掃になりますが、オフィス清掃はビルの中にテナントを借りている会社が利用するイメージです。
社員数が数十人、数百人ということになると専門スタッフがどうしても必要になります。
社内で清掃業務のスタッフをわざわざ雇うと人事管理も必要となりますし、採用から契約、最終的には契約終了までコントロールする必要があるのです。

オフィス清掃は専門の会社に依頼して、清掃スタッフを派遣してもらうほうがずっと合理的なのです。
オフィス清掃には定期清掃・日常清掃・巡回清掃などいろいろな契約方法があります。

定期清掃なら月に何回と決めて清掃スタッフに通ってもらうもの、日常清掃は毎日2時間程度通ってもらうものです。
オフィス清掃はハウスクリーニングの延長線上にある感覚です、掃除機を掛けたりゴミを集めたり、会社の業務ではなく清掃業務だけを専門に行うというものです。

給湯室やトイレ掃除など契約の内容を確認して、オフィス清掃の内容を決めることになりますが、専門業者もたくさんありますので、必ず1社で決めずに複数の専門業者から見積もりを取るようにしましょう。
オフィスを綺麗にするのは定期的な本格的なクリーニングの他に、毎日の細かい掃除も有効なのです。

掃除もノウハウと専門知識が大きくものをいうものです、オフィスビルなど不特定多数の人々が利用する場所は定期的に綺麗にする必要があるのです。
オフィス清掃は定期清掃から日常清掃まで、いろいろなメニューを組み合わせる方法で費用を決定します。
個人情報の管理、スタッフの教育体制など複数の会社をチェックすることで優良なオフィス清掃の会社が見つかるでしょう。

オフィス清掃を利用する理由

オフィス清掃は社内スタッフで行っているのは会社の小さなところだけです。
スタッフが数人であれば、全員で手分けをして会社の中を綺麗にするのは当然ですが、数十人になったらどうでしょう。

社内スタッフが全員でオフィス清掃をしている段階ではトラブルや不平不満は出てこないものですが、オフィス清掃をする人が持ち回りになったり手分けをしながらするようになると、いろいろな問題が起こってくるものです。

会社の仕事というのは社内だけで行う人、営業などで外を飛び回る人などいろいろです。
どうしても会社の中の掃除は社内の中でということになりますが、全員が納得していなければ必ず不満が出るものです。
仕事もしているのに、会社の掃除をしていて、会社の中には掃除をしない人もいるという不満です。

全ての社員が納得する掃除のルールを作るのは大変です。
会社によっては経費削減でまっさきにオフィス清掃の費用をカットして、どんどん汚れていく社内に我慢できなくなったところもあります。
オフィス清掃を社内を綺麗にするという目的の他に利用している会社もあります。

オフィス清掃を専門の会社に依頼して、プライバシーの保護を徹底しているところもあるからです。
個人情報の保護に関する法律は年々運用の仕方が厳しくなっています、なかにはキチンと廃棄されない資料から情報が漏れる場合もあるのです。
仕事内容や目的に合わせてオフィス清掃を上手に利用して、余計なトラブルを防ぐという考え方もあるというわけです。

当然、社内清掃でもスタッフの機密保持契約などに気を配っている会社もあります。
オフィス清掃で入室したところで見たものや聞いたもの、出たゴミに対してしっかりと責任を持つ必要があるからです。
たかがオフィスの掃除と考えるのは、これからの時代は間違いです。
どんなことがリスクになるのかをしっかりと考えて、リスク管理のひとつとしてオフィス清掃を利用する必要があることもあるのです。

オフィス清掃は外部スタッフがベスト

オフィス清掃はオフィス内のトイレ掃除や、掃除機掛け、ゴミだしなどを専門で行います。
挨拶も丁寧で気持ちのいいスタッフが通ってきてくれるだけで、会社の雰囲気がよくなることもあるのです。
オフィス清掃のサービスをしている会社もいろいろで、家庭用清掃サービスを行っている会社がオフィス清掃へ進出している場合もあります。

また、空気清浄機やエアコンのメーカーがオフィス清掃業務を始めている場合もあります。
ビル清掃のように外から窓を綺麗にしたり、ビルの共用部分を綺麗にするというより、オフィス空間の綺麗な状態をキープするために動き回るというスタッフがオフィス清掃なのです。

少し大きめの事務所で週1回程度のオフィス清掃のスタッフを派遣してもらうようにすると、オフィス内はかなり綺麗になります。
オフィスにはどうしても目に見えない汚れがたまっていきますし、それは、普段使うことが多い、少ないに関係はないのです。

定期的に掃除専門のスタッフが掃除を行うことで、目立たないところまで綺麗に出来るので、あとで掃除をしておけばよかったということがなくなるのです。
例えば、会議室などの掃除はキチンとされているでしょうか、大切な商談でお客様と打ち合わせをしているときに、掃除が行き届いていない会議室で落ち着いて契約が出来るでしょうか。

その汚れは、あなただけではなく相手の会社の方も気が付いているかも知れないのです。
オフィスのスペースで掃除をしなければいけないエリアは冷静に考えていくと膨大な広さです。
大きなオフィスであれば、普段使っているところだけはなく、要所要所をきちんと綺麗にしておく必要があり、またとても大切なことなのです。

普段使わないところは、オフィスのスタッフだけではなかなか綺麗にしておけません。
経費節減でオフィス清掃を社内のスタッフで行うようにしてから、みるみるオフィス内の汚れが目立つようになったという話もよく耳に入ってくるものです。

オフィス清掃を依頼する会社を決める

オフィス清掃はオフィス内のカーベットを専門の機械で綺麗にしているイメージが強いですが、最近では掃除機を毎日掛けにいくというサービスをしているオフィス清掃会社もあります。

オフィスの掃除機掛けなど社員が交替でするのが当然と考えるのは時代錯誤です。
オフィス清掃は専門の業者に依頼して、仕事をするのとはしっかりと分けてしまったほうが社員の満足度は高くなるのです。

オフィス清掃は毎日のことですから、毎日、社員が手分けをして行うというのは理にかなっていると考えがちですが、社員全員がオフィス清掃を仕事に一環で当然の作業だと思っているとは限らないのです。
オフィス清掃の掃除機掛けなどは1日に2時間程度から依頼することが可能です。
毎日、数千円の費用負担でオフィスの中はいつも綺麗で、社員の仕事のモチベーションもいつも高いという状況を作りだせるのです。

オフィス清掃にも国家資格があります、お掃除のプロと言えるのは厚生労働省が定めるビルクリーニング技能士という資格があるのです。
これは国家検定技能士といわれるもので、建築物清掃業をなりわいとしている専門の会社であれば複数名が必ず資格保有者がいるはずです。

ですから、オフィス清掃を依頼する会社を決める場合には、その会社に何人ビルクリーニング技能士という資格を持っている人がいるかをチェックするのもオススメです。
全員がビルクリーニング技能士である必要はありませんが、清掃業務に対しての指導をキチンと行える会社かどうかが分かります。
また、ビルクリーニング技能士が何人いますかと尋ねることで、依頼されるほうも、しっかりとチェックされているということが分かります。

オフィス清掃はビル清掃のひとつとして行われる場合もありますが、ビル管理会社とは別に賃貸でテナントを利用している会社が依頼することも増えています。
綺麗なオフィスで仕事をすることで業績が上がったということはよくあることなのです。

検索

offcial-bnr

Return to page top