清掃本舗オリーブ > スタッフブログ

店舗・商業施設の清掃本舗オリーブ|スタッフブログ

エアコンの歴史

初めて家にエアコンが取り付けられた時のことを懐かしく思い出せる、というと歳がバレてしまいそうですが、我が家に初めてエアコンが取り付けられた時の感動は今でもハッキリ覚えています。一家に一台しか取り付けられなかったので、家族全員でその部屋で涼みました。今考えてみると、家族が集まって団らんを楽しむいい機会に、エアコンが一役買ってくれたな~という気がします。それまでは、あまりに暑い日は、エアコンが効いている近くのデパートに家族で避難していました。そういった商業施設ではエアコンがよく効いていて、外から入った時には、砂漠でオアシスを見つけた気分でした。そんな快適な空間では、子どもだけでなく、親も気持ちがリラックスするのか、おねだりすると意外と快く買ってもらえたような気がします。冬に外の寒さに耐えた後の、お店に入った時のホッと暖かくなる一時も、幸せを感じますよね。わたしたち人間が気持ちよく過ごすためのエアコンは、1922年にある映画館で初めて使用されたといわれています。列車にエアコンが初めて設置されたのは1931年、そして自動車に初めて取り付けられたのは1939年で、翌年にはバスに取り付けられたそうです。1930年代には家やアパートにも使われるようになりました。家のエアコンをプロにエアコン洗浄してもらうと、驚くほどの黒い水が出てきます。フィルターをまめに掃除してるし、タバコも吸わないし、と思っていても、空気中の湿気とホコリがエアコンの中でカビになっていて、実際に目で見ると軽くショックを受けます。大きな店舗となるとエアコン洗浄も大変なんでしょうね。アレルギーもちの友達がある場所に行くと「くしゃみと鼻水が止まらない」と言いますが、もしかしたらエアコンが原因なのかもしれません。そういう場所にはだんだんと足が向かなくなっていくものですが、基本的にそういう場所がそう多くないことを考えると、ほとんどの商業施設でエアコン洗浄を適正にしてくれているんだな~と実感します。ありがたいですね。

きれいなエアコンで適正な空調管理

リモコン一つで室内を快適・適正な温度に保ってくれるエアコン、エアコンを考え出してくれた人に本当に感謝です。夏でも冬でも、私たちの生活を快適にしてくれます。エアコンは多くの業界で、工程を順調に進めるのに重要な存在のようです。特に食品業界ではエアコンは欠かせません。エアコンによって、腐敗を起こすバクテリアの増量を防止できますし、一年中適正な温度と湿度で食品を保管しておくことができます。パン屋さんでは小麦粉にカビが生えるのを防いでくれます。最近見たある資料には、エアコンがチーズを作るのにも利用されている、とありました。ロックフォールチーズって知ってますか。わたしはその資料で初めて知ったんですが、そのチーズは、空気が冷たくて湿気のある、フランスの特定の洞くつの中でしか作れなかったそうです。でも、エアコンを使ってそれらの洞くつの内部と同じ環境を作れば、似たようなチーズがほかの場所でも作れる、とのことでした。チーズ好きには朗報なんでしょね。他にも、古い資料を保管するような場所、絵画、これらも適正な温度と湿度が要求される環境です。こういう場所では、エアコン洗浄などのメンテナンスもきちんと行われていて、常に適正な環境を作り出しています。食品を扱っているところや、湿気を嫌う敏感なものを扱っている場所では、特に定期的なエアコン洗浄が必要になります。部屋全体の空気を作っているのがエアコンなので、エアコンから出る空気が汚染されていると、その汚染が部屋全体に充満してしまいます。空気の汚れは軽く見ることはできません。保管しているものや商品に多大の影響を与えることももちろんですが、私たちの身体に深刻な問題をまねくことがあります。実際にあった話で、今から40年程前、海外のある場所で大会が開かれ、そこに出席した人たちがある病気に感染し、亡くなってしまった人もいました。その会場の中央空調装置のメンテナンスが十分にされていなかったために空気が汚れ、菌が飛散してしまったためではないか、とされているそうです。怖いですよね。

エアコンで健康・集中力アップ

エアコンは室内環境を気持ちよくするだけでなく、健康面でも助けになってくれています。適正な使用と、エアコン洗浄などのメンテナンスがきちんと行われている場合は特にそう言えます。エアコンはあせもを防ぎますし、多くの場合、花粉をフィルターで取り除くので、花粉症の人は、そんなエアコンできれいにされた空気に感謝するのではないでしょうか。エアコンは嫌い、という人ももちろんいますが、特に年配の人にとっては、両極端の気温を適正に調整することや、むしっとした空気と新しい空気を入れ換えること、ほこりや塵を除去することなども健康の維持に役立ちますが、エアコンはこうしたことすべてを行ってくれるのです。確かに、現代の空気調和には冷却システムが使われているので健康上の問題が起こることも、認めなければなりません。摂氏40度を上回る外の温度と、エアコンが作り出す26度以下という室内の気温との差が激しくて、身体を壊してしまった人も少なくないようです。ある人はエアコンをやめて天井扇風機を使って、体調が良くなったということもあります。天井扇風機とエアコンを併用すると、暖まった空気と、冷やされた空気をいい感じで混ぜてくれるので、身体にも電気代にも優しいという話はよく聞きますよね。エアコン洗浄がきちんとされていることも、必要以上に電気を消費しない賢い一つの方法です。さらに、エアコンは事務仕事をする人たちの生産性を大幅に向上させるとも言われています。暑くてどよ~んとした空気の中で、頭を使って考えたり、何かに集中するのはなかなか厳しいものがあります。また、屋内競技場や大きな講堂でなにかの大会が催されるときにエアコンがきいていると、出席する代表者は注意を集中しやすくなります。そのような施設が、蒸し暑くて風通しが悪いと、注意を集中するのに骨が折れるということに多くの人が同意するのではないでしょうか。快適さ、健康、集中力、それをエアコンに期待できるのは、エアコン洗浄が適正に行われてのことですよね。

不快感を取り除いてくれるエアコンに感謝

湿気や熱が充満してる部屋は、とっても不快ですよね。閉め切った環境の中で、余分な熱や湿気を作り出しているものは何でしょうか。もちろん多くの場合、主な熱の源は太陽です。さらに、わたしたち自身もそうです。わたしたちや、わたしたちと一緒に、家やオフィスや自動車などの閉めきった場所にいる人たちも熱を発しています。わたしたち人間は、熱や湿気を生産する機械のようなものなんですね。人間は活動すればするほど多くの熱を作り出します。静かに座っているときでも、体はある程度の熱や湿気を作り出しています。人の体温を、平均が約36度とすると、36度の温かいものがその空間にあって、それがまわりの空気の温度にも影響を与える、ということになりますね。なので、気持ちよく感じられる状態にするためには、体が放出するのと同じ割合で、熱や湿気を除去しなければなりません。もしその除去が早すぎると寒すぎてしまいますし、遅すぎると暑すぎます。難しいですね。ある専門書によると、座っている人一人が、マッチ約360本分の熱を放出している、とのことでした。閉めきった場所で人間がその多量の熱を作り出すほかに、照明器具や、稼動している他の電気器具も熱を作り出しています。こんな環境の中でエアコンがわたしたちの快適さのために奮闘しているかと思うと、感謝を込めてお手入れしたくなります。「最近エアコンの効きが悪い」と思ったら、先回いつエアコン洗浄したか考えてみてください。今年の夏は一段と暑かったので、暑い空気を爽やかに冷やしてくれていたエアコンがどれだけ頑張ったか。もし長くエアコン洗浄してない状態で、この夏を乗り切ったとしたら、エアコンにかかる負担がどれほど大きかったか。よく手入れされているエアコンは空気をきれいにし爽やかにしてくれますし、エアコンにかかる負担が抑えられるので、電気代にも嬉しい影響があります。こんなことを考えながら、エアコン洗浄をお願いしてみるのもいいかもしれませんね。

きれいなエアコンできれいな空気

今年の夏は、うだるような暑さが続く毎日でしたね。太陽が容赦なく照りつける中を、重たい足を引きずってやっとお店に着きます。店内に入ると、ひんやりとしたさわやかな空気がわたしたちを迎えます。あー、エアコンです。どんなにかホッとするでしょう。でも、これが冬の寒い日で、凍える手足に耐えながらやっとお店に着いたとき、心和らぐ空気がわたしたちを迎えます。そんなとき、「あー、エアコンだ」と言う人は少ないかもしれません。ある百科辞典によると、「エアコンディショニング(空気調和)とは、気温が高い時に空気を冷やし、気温が低いときには空気を暖めること」です。なので、暖かいお店に入って「あーエアコンだ」と言っても間違いではないんです。でも、あんまりこうは言わないですよね。「エアーコンディショニング」という言葉は普通、家やオフィスビル、講堂、自動車、バス、電車といった、閉めきった空間の空気を冷やすことを言います。とはいえ、エアコンは気温を変える以上の働きをします。空気の流れや清浄度、さらに湿り気つまり水分の含有率なども調整します。こういうことを考えると、定期的なエアコン洗浄は欠かせませんよね。エアコンの手入れが行き届いていないと、汚い空気を、部屋中に店舗中に充満させてしまうことになります。最近は、空気中の悪い物質に敏感に反応してしまうアレルギーの人もたくさんいるので、入ってきたとたんに、くしゃみや鼻水がとまらなくなってしまったら、そこの場所にはもう来てもらえないかもしれません。定期的にエアコン洗浄し、きれいで安全な空気にしておきたいです。どんな商品をならべるか、どんな接客ををするか、これらと同じように、その場の空気は、どんな空間を提供するかにつながってきます。そこで働く人、そこに訪れる人が、爽やかな時間を過ごしてもらえる世に環境を整えておきたいものです。気づかない間にその場所は、みんなんが集まる場所になっているかもしれません。そんな場所を提供できたら、嬉しいですよね。

クリーニング業者をどう選べばいいの

店舗に敷いてあるカーペット、自宅ならなんとか自分で頑張るかもしれませんが、規模が違う店舗全体のカーペットクリーニング、業者に頼むと高くつきそうだなあ、と心配になってしまいます。でも、薄汚れたカーペットのままでは、訪れる人へのイメージが悪く、仕事に対する姿勢まで疑われてしまう、と言っても大げさではないような気がします。思い切ってカーペットクリーニングすることに決めたとしても、たくさんあるお掃除業者の中からどうやって選べば、望んだ通りに仕上げてくれるのでしょうか。業者を選ぶときのポイントは色々あるでしょうが、お客さんの希望を第一に考えてくれるところがやっぱりいいですよね。掃除が必要な場所の条件や、汚れの条件、予算もそれぞれ依頼する人によって違いがあるので、その一つ一つを親身に聞いてほしいものです。希望に合ったお掃除のプランを立ててくれたり、時には、ハッキリとプロらしい提案を与えてくれると、信頼できるような気がします。プランを立てる人と実際に作業する人が違う、というのはよくあるパターンですが、時々プランを立てる人が現場のことをあまり知らない、なんてこともあってビックリします。現場での経験も豊かで、現場目線で、きちんときれいにするプランを立てて欲しいと願うのは普通のことですよね。カーペットクリーニングに入ってもらっている間は、その場から離れているので、実際どんな作業をしてくれたのか分かりませんが、きれいなったカーペットを見て、「しっかりやってくれたんだなあ」と安心します。親切な業者さんは、どんな作業工程で掃除をしたのか、写真に撮ってきちんと報告してくれるところもあります。自分たちの仕事に自信を持ってるからできることです。ただ作業を終えて、ハイ終わり、ではなくて、きれいに掃除してくれた後、この状態を維持するための秘訣も教えてもらえると嬉しいです。こんな業者さんを見つけてお願いしたいですね。そうしたら、きれいさも、カーペットも長持ちしそうです。

カーペットの悩みどころ

カーペットって、どうしてこうも見事にゴミをくっつけてしまうのでしょうか。特に髪の毛、長い髪は数本であっても落ちていると「汚い」って感じますよね。フローリングだと、軽く掃くだけできれいになってしまうちょっとしたゴミも、カーペットは大事そうにゴミを保持しています。髪の毛や糸くずは、毛足の長いタイプの掃除機のブラシにからまってきます。気持ち悪いですが、ブラシの掃除も欠かせなくなってしまいます。掃除した掃除機を掃除するって、ものすごく二度手間な感じがしませんか。それに、掃除機をかけた後も粘着テープ式のものでコロコロしてみたり。最近はアトピーとかアレルギーをもっている人も多いので、カーペットに住み着いてるダニやダニの糞・死骸も気になるところ。さらに、タバコ等の特有のにおいもカーペットは吸い込んでしまいます。知らない間にカーペットが空気を汚す一因になってしまうこともあります。こんなマイナス面があっても、オフィスや店舗にカーペットが敷かれていることを考えると、カーペットがたくさんの人に愛されている証拠、といえるかもしれません。わたしもカーペットが敷かれているお店はけっこう好きです。温かみや重厚感があるように思います。ヒールのカツカツという音が、他のお客さんに迷惑になってないか、心配しなくても大丈夫なのもありがたいですよね。カーペットクリーニングしたり手入れが大変なのに、あえてカーペットを敷いている、というのもお客さんを第一に考えてくれてる感があって好きです。そのお店の妥協しない姿勢をを感じられます。さらに、よく手入れされているところは、カーペットクリーニングで使用されたのか、石鹸のような爽やかなニオイがふわっと感じられます。上品な雰囲気をかもしだしてくれるのもカーペットの優れたところ。そのカラーや質感は様々で、使っている人の個性が表れます。稀に、あまり手入れが行き届いていないようで、シミがついたままだったり、全体的に薄汚れている所もあって残念な気持ちになります。愛情深くお手入れして欲しいですね。

タイルカーペットの掃除

タイルカーペットって、汚れた部分だけ剥がして洗えばいいので便利ですよね。ワインやコーヒーをこぼしてしまうと、すぐに洗わないと染みになってしまいます。あわてて拭いても、やっぱり残ってしまう染みをみてがっかりしてしまいます。そんなときタイルカーペットだったら、その部分だけを剥がしてゴシゴシ洗えるのでとっても便利です。基本普段は掃除機で表面を掃除するだけだと思いますが、長年の汚れが生地の中に溜まって全体的にくすんだ感じになってしまっていることに気づくこともあるかもしれません。タイルカーペットでも全体的にカーペットクリーニングしたいなって思いますよね。重曹をお湯で溶かして、それを床にたっぷり散布し、乾いた雑巾で拭き取る、こんな方法もあるようです。実際にやってみると泥水のような汚い水が出てきて、長年の積もり積もった汚れを感じさせてくれます。それでも、くすんだ感じの色はそんなに解消されずに、かなりの体力を使ってやったことがむなしく感じることも少なくないようです。カーペットクリーニングした本人は、疲れた分「掃除した」という達成感もありますが、掃除してない人から見ると、「正直、どこがどうきれいになったのかよく分からない」というのが現実みたいです。長年の汚れをしっかり落とすには、特殊な洗剤を使ってブラッシングし、出てきた汚れをしっかりバキュームで吸わないと、きれいには仕上がらないようです。会社の面積が大きくなればなるほど、大掛かりな仕事になりますが、お掃除専門の業者に入ってもらうと、見事にきれいに仕上げてくれます。お値段が気になるところではありますが、カーペットを全部新しく張り替えるとしたらかかる料金と比べて考えてみると、プロにお掃除をお願いするとかなり安く上がります。新品の時のように、きれいな色が蘇りますし、社内の空気がきれいになることも考えると、一石二鳥の気がします。年末の大掃除、社員全員で取り組むのもいいですが、プロに仕上げてもらって、気持ちよく新しい年を迎えるのも悪くないですよね。

カーペットクリーニングして快適なオフィス

オフィスに敷いてあるカーペットけっこう汚れていませんか?仕事に行くとくしゃみが止まらない、頭痛がする、仕事のストレスだけでなく、もしかしたらオフィスのカーペットの汚れ、ほこりが原因かもしれません。人の出入りがさかんで、土足で歩くことが多いオフィスのカーペットは汚れがつきやすいものです。カーペットの汚れは、見た目が悪いだけでなく、オフィスの空気も汚染してしまいます。オフィスの汚れは、仕事の効率にも大きな影響を与えます。掃除機では取りきれないほこりや花粉などの、オフィスダストも業者の専用機材で洗浄・除去すれば安心。長い時間そこに居ると慣れてしまって、あまり意識しなくなりますが、そのオフィスならではのニオイもあるかもしれません。特に気になるのが、そのニオイが服についてしまうことです。カーペットクリーニングするだけで、驚くほどオフィスが快適になります。クリーニングして初めて、これまで不快な空気やニオイの中で仕事していたことに気づかされる、なんてこともありますよね。コーヒーやワインをこぼしてしまうと、しつこいシミになります。こんな汚れもカーペットクリーニングをお願いすれば、専用の洗剤でしっかり落としてくれます。オフィスの備品もできる限り移動して徹底的にきれいにしてくれます。お掃除の業者に入ってもらうと、物が移動されていて次の日困る、なんて意見も時々聞きますが、長年信頼を得てきちんと仕事をしてくれるお掃除業者は、そこら辺もしっかりしてます。作業を始める前に写真を撮ったり、きちんとメモして、掃除前の状態にきちんと戻してくれます。カーペットクリーニングが終わった後で部屋に入ったら、「ここのカーペットこんな色だったっけ」と驚くこともあります。カーペットってわたしたちが思っている以上に汚れてるんです。目に見えて汚れていたら、目に見えない汚れはその何倍にもなります。清潔な快適な環境で仕事をしたいものですよね。

掃除機では限界があります。

カーペットが敷かれている施設は、足音を気にしなくていいですし、自分の家のように落ち着いた気持ちにさせてくれます。高級感もありますよね。ちょっとだけ心配なのが、カーペットの清潔さ。ある調査によると、カーペットに付着したほこりや有害物質は何年も残留するそうです。小さな子どもは、床の上で遊んだ後に、指を口に入れることがよくあります。ですから、特にカーペットに付着している汚染物質の害を受けやすい状態にあると言えます。さらに、幼い子どもは大人より代謝率が高いので、体重比では大人よりはるかに多くの空気を吸い込んでいることになります。ある研究者の中には、カーペットが適切に清掃されていないことが、子どもたちの喘息やアレルギーの増加の一因になっているのではないか、と考える人もいるようです。施設の中のカーペットとなると、靴をはいたまま歩くので、汚れが付着する率もかなり高くなります。カーペットを敷いている店舗でよく見かけるのが、開店前の掃除に掃除機を使っていることです。カーペットの有害物質を減らすのに有効なのが、やはり強力な掃除機。さらに、週に一度、徹底的に掃除機をかけると良いようです。ある資料の勧めでは、主要な出入り口から約1メートル以内のカーペット部分には25回、人がよく通るところには16回、残りのカーペット部分は8回掃除機をかけるとのこと。聞いただけで気が遠くなりそうです。店舗を清潔に保つために、カーペットクリーニングを業者に頼むお店が多いのもうなずけます。こんな大変な作業をスタッフがするのは他の仕事に影響が出そうです。専門の業者なら機械も特殊な洗剤もあって、手際よくきれいにしてくれそうです。カーペットクリーニングして十分に手入れされている店舗は、居心地がいいので、お客さんも安心してそこでの時間を楽しめます。お掃除が大変でもあえてカーペットを敷いている店舗は、自分の仕事への意気込みを感じられます。そんなお店には自然と人が集まってくるものですよね。長くお客さんの信頼を得ているのはそんなお店ではないでしょうか。

清掃本舗オリーブ

検索

offcial-bnr

Return to page top