窓掃除・高所窓ガラス清掃

窓ガラス、ガラスの汚れ、手の届かない窓ガラスの清掃を承ります。 汚れを放置してしまうとコスト、時間がかかり、不経済です。専門のガラス用洗剤を使って、窓ガラス清掃の専門家が綺麗に窓を磨き上げます。

窓掃除・高所窓ガラス清掃が必要なケース

  • 高所のため素人では清掃できない
  • 量が多く清掃しきれない
  • 汚れがひどく美観が悪い
  • 予算を見直したい
  • 複雑な建物により他社で断られた
上記項目に一つでも思い当たる点があれば、窓掃除・高所窓ガラス清掃をお勧めいたします。 先ずは、実績一覧などご覧いただき、メールもしくはお電話にてご連絡下さい。現在の状況を確認し、アドバイスをさせていただきます。

お客様からのお喜びの声

 

オリーブが選ばれる5つの理由

オリーブが選ばれる5つの理由

作業手順

高所ガラス清掃  高所作業のため、ベテランの有資格者が業務を行います。ビルの形状や高さに対応したブランコやゴンドラといった特殊器具を使い、汚れ具合や材質に応じた清掃方法で作業を行います。
当社スタッフは高所作業安全教育講習会受講・高所作業車・高所作業安全教育・ ゴンドラ講習・ブランコ作業安全教育講習会受講といった安全対策はもちろん、地上のバリゲードの設置を行いますので通行人の方の安全対策も万全です。

■ロープによるガラス清掃

フルハーネス、装備の装着

1 )フルハーネス、装備の装着

作業員の安全確保の為、転落時に作業員の体にダメージを受けやすい安全ベルトや腰回りのみのハーネスより十分に安全なフルハーネス装備を装着します。
*(安全ベルトは落下転落した場合、ベルトが胸部までずれ上がり、肋骨の骨折又は内蔵の圧迫、また頭部からの転落の場合、ずり抜けての落下、腰椎骨折等の危険があり、腰回りのみのハーネスの場合は、腰椎骨折又は頭部からの落下の場合は、ずり抜けての落下塔の危険が有ります)
作業範囲の地上部分には地上バリケードによる作業スペースを確保し、場合によっては地上監視員を配置しておりますが、お客様のスペースや車、周辺の通行人様、弊社監視員等スタッフの安全確保の、落下防止器具(カールコード等)を清掃作業道具(スクイジー、シャンプー棒、1枚刃や三枚刃のホルダー)に装着し作業致します。
ロープ作業セット

2 )ロープ作業セット

ガラス清掃作業用ロープセットは、1本11ミリ以上の物(引張強度2.5トン以上のスタティックロープで、1本でも十分に作業やレスキューに耐えうるもの)を2本用意し、1本は作業用メインロープとし、もう1本は何らかのアクシデントによりロープが切れてしまったり、屋上のロープの取り元(丸環や鉄骨等の堅固な支柱物)から外れた場合の転落防止用補助ロープとして使用します。
ロープセッティング中

3 )ロープセッティング

ロープセッティングは屋上の取り元(堅固な支柱物、丸環や鉄骨)にスリング(強度2.2トン以上)を使用し、(カラビナや作業ロープが直接支柱物に直接干渉し、お客様の建物等を傷つけない為)2本のロープを3点の取り元を使い(必要な場合は取り元に巻き養生等を使用)十分に安全な作業が行えるよう、カラビナ(強度2.2トン以上、口あき防止ロック付き)とロープを接続し、スリングにかけてセッティングする。又ロープセッティングは、危険個所で行う場合があるので、作業員はヘルメット、フルハーネスを装着し、危険個所では落下防止措置(ショックアブソーバーを付けたスリング等で)を取り、ロープのセッティングを行う。
ロープセッティングする際は、ロープに傷や擦れが無いか十分に目視確認しながら(場合により地上監視員と連絡を取り合い危険が無い様)ロープを垂らす。
又、建物と作業用ロープが接触する部分にはアルミガード養生やナイロン製巻き養生、状況によってはバスタオル等を使用する。(建物と作業用ロープが直接接触して建物を傷つけたり、作業用ロープの擦れ、傷つき、切断を防止する為)
屋上部分だけでなく、ひさしやその他接触する部分が有る際は、必ず養生を使用する。
ブランコ板への乗り込み

4 )ブランコ板への乗り込み

ブランコ板への乗り込みは、乗り込む前に補助ロープに落下防止器具(アサップやバックアップ等)をアブソーバー(墜落時の衝撃を吸収する物)をかまし、フルハーネスに装着し、作業員のブランコ乗り込み時の落下防止措置を取ります。
作業用メインロープに下降器(アイディやローディ等)を取り付け、ブランコ板をセットし、硝子クリーニング作業道具の落下やバケツ内の水の飛び散り等に十分注意を払ってブランコ板に乗り込みます。
シャンプー、スクイジーにて窓清掃中

5 )ガラス清掃専用洗剤で清掃、ふき取り

ガラス清掃専用洗剤(低発砲性で揮発を抑えて風の強い日や、日当たりの良い場所での作業効率の良い物)を使用し、ガラス面を良く擦り、汚れの強いガラスの横部や下部はマジックスポンジ、ウエス等で汚れを浮かし、(熱線反射ガラス等のガラスではマジックスポンジやウエスを使用すると傷つけてしまう為、専用の洗剤を使用する)スクイジーで汚水を切ります。
サッシ周りからの水垂れ防止の為、マイクロファイバークロスで水分をきれいにふき取り、下部サッシの汚水をふき取り、下のガラスに下降し清掃します。
写真の作業現場では効果的ではない為、下降しながらの作業になりますが、作業現場によっては作業用ロープを昇ったり、隣にセットしてある作業用ロープに移動する作業方法を取る場合もあります。
清掃後

6 )清掃後

安全にガラス清掃作業が終了し、地上に十分注意を払った上で、(写真の現場は降下場所がホテルの出入り口の為)地上監視員と連絡を取りながら降下して、ロープ作業1本分が終了です。

■ゴンドラによるガラス清掃

バリケートの設置

1 )バリケートの設置

水の飛び散りや、万が一の墜落や物の落下事故を防ぐための作業スペースの確保。バリケートの設置及び地上監視員の配置。(現場によって建物の出入り口にかぶってしまう場合は、パラソル等で通行人様の汚水による汚れ防止措置をとることもあります)又、地上監視員とゴンドラに乗っている作業員は無線機や携帯電話を使用し上下の状況確認や非常事態の連絡を取り合います。
又強力な洗剤を使用したガラス清掃や外壁洗浄清掃の場合は、地上部に養生を施し、汚れ防止措置を取ります。
ゴンドラ設備セット

2 )ゴンドラ設備セッティング①

風速計で作業可能かの状況(風速約8メートル以下。現場によってはこの限りではない)を確認の上、キャプタイヤーを作業効率の良い取り回しで屋上配電ソケットに差し込み、ブレーカーをオンにする。
4本釣り常設ゴンドラを常備設置位置より清掃作業箇所まで移動し、(キャプタイヤーの傷等が無いか目視確認したうえで、レールの上にキャプタイヤーが乗ったままのゴンドラ通過によるキャプタイヤー切断事故、複建物への接触破損事故等に十分注意を払い複数人で)作業箇所に設置。
*この時にカールコード等で落下防止措置を取った作業道具やバケツをゴンドラかごに乗せておきます。
ゴンドラ設備セッティング

3 )ゴンドラ設備セッティング②

常設ゴンドラのかごを本体親機から持ち上げ(本体のスイッチ又はコード式リモコンのスイッチで上昇させる)かごの下部が親機に接触しない高さまでワイヤーをまきとり、ビルの壁面の適切箇所までアームを倒してかごを移動し、清掃作業員の乗り込みやすい位置までかごを下げてセッティングします。
*写真の現場はビルの壁面にゴンドラかごのガイドレール(強風によるゴンドラかごの振られや離れ防止のレール)ある為、ゴンドラかごを下げる際、ガイドレールの中のゴンドラかごに付いているローラー式の留め具を、左右両側入れる必要があります。又他の作業現場では大型のファンがゴンドラかごの下部に付いており壁面に張り付く物もあります。
乗り込み(安全確認)

4 )乗り込み(安全確認)

ゴンドラかごと建築物の両方に墜落防止措置安全フックを取り付け、清掃作業員の安全確保をし、ゴンドラかごに乗り込みます。
清掃作業

5 )清掃作業

ガラス清掃専用洗浄液を水で希釈した物を、ワイヤー入りカールコードに取り付けたシャンパーにつけ、地上に垂れない程度に搾り、硝子面の排気ガスや泥、埃等の汚れを取って、ガラス清掃用のスクイジーで汚水を除去します。
この際、汚水の飛散防止の為、シャンプー棒をスクイジーの下部に置き、受け止める様に清掃するのが望ましい。
最後に汚れを含んだ水をサッシより拭きとって、外壁部分にも注意を払いながら降下します。

料金一例

【窓掃除・高所窓ガラス清掃/ブランコ作業含む】 テナントビル4階建300㎡ 45,000円
オフィスビル10階建800㎡ 158,000円
商業施設5階建2200㎡ 396,000円

窓掃除・高所窓ガラス清掃について

高所作業作業の為、十分に講習を受けた有資格者(高所作業安全教育講習、高所作業車、ゴンドラ講習、ブランコ作業安全教育講習等)が責任者となり清掃業務を行います。

作業方法はビルや店舗その他施設の形状や高さ、周辺環境に応じた(ブランコ作業、常設ゴンドラ作業、仮設ゴンドラ作業、高所作業車、伸縮式ポール、スライダー、ローリングタワー)道具等を用いて作業致します。

使用洗剤等は汚れ具合に応じて、通常は中性洗剤又は弱アルカリ性洗剤を使用致します。特に汚れがきつい場合は酸性洗剤を使用する場合もあります。

安全対策と致しましては、地上バリケードにて作業スペースの確保。人通りの多い場所では、地上監視員又は交通警備員を配置致します。

公道で高所作業車やローリングタワーを使用し作業する際は、道路使用許可証等を用意し問題の無い様作業致します(*別途手数料がかかります)。

ブランコ作業は屋上に常設ゴンドラが無い3階から12階位の建物でよく使用する作業方法です。準備に時間がかからず、足場を組むより大幅なコストカットできる便利な作業方法です。
最近はマンションの高層化が進み、マンションに常設ゴンドラを設けていない建物が多い事からタワーマンションでのブランコ作業も増えております。

複雑な建物の増加から、ひさしが大きく張り出していたり、屋上に釣り基(丸環等の堅固な支柱)が無い2階から5階位のビルで、ロープ作業ができない様な建物では、高所作業車やローリングタワー、スライダー、伸縮ポール等を使用し作業します。又、吹き抜けやFIXガラス(開閉しない窓枠に固定してある物)等があって掃除したいけど出来ない個人宅や別荘、小規模店舗様にも適切な清掃方法で作業させて頂きます。

窓掃除・高所窓ガラス清掃と一緒に看板の清掃や高所照明器具の清掃及び電球の交換もご相談ください。

屋上に常設ゴンドラが設置されている高層ビルや超高層ビルはゴンドラに2名から4名乗り込み常設ゴンドラ作業となります。工事現場等で常設のゴンドラが設置されてない場合は、屋上の条件が合えば仮設のゴンドラを設置し作業にあたります。

お問い合わせからメンテナンスまでの流れ

  • STEP1 HPからのお問い合わせ(電話・メール)
  • STEP2 担当者が電話
  • STEP3 ご提案・お見積もり
  • STEP4 作業完了
  • STEP5 管理 完了報告書