失敗しない業者選びのポイント

価格だけで決めてしまうのは要注意!

清掃サービスを安く提供するには、コストを下げれば簡単に提供できます。しかし、コスト削減には限界があり、削減してはいけないコストまで下げてしまえば必ず品質は下がります。
これを避けるには、お客様自身が清掃の目的をハッキリとさせ、しっかりと要望を伝えることが大切です。その上で、どんな方法で清掃するのか尋ねるのも1つの良い方法です。清掃の事を熟知している技術力のある清掃業者であれば、複数の方法を提案してくれるはずです。
価格だけで決めてしまうのは要注意!

素人にも分かりやすい言葉で説明していますか?

ブランコ作業・剥離清掃・バッフィング・ゾーニング・パラペットなど、このような言葉を聞いて何の意味だかお分かりでしょうか?最善のプランをご提案します!といっても、意味が分からない提案では比較・検討すらできません。
誰もが分かる言葉で、どこをどのように清掃すると、どの程度の結果(綺麗になるのか)が得られるか。その結果(仕上がり)はお客さまの要望に沿っているか。本当に良い清掃業者は、お客さまの要望を知った上でわかりやすく丁寧に説明してくれます。
素人にも分かりやすい言葉で説明していますか?

料金プランがハッキリしない業者は要注意!

料金の決まりがない清掃業者は要注意です。残念ながら、繁忙期や依頼先の業種によって料金を変える清掃業者が存在するようです。また、「床清掃 ㎡○○円~○○○○円」という料金をよく見かけます。
「~??」からって実際はいくらなの?結局、うちの場合はいくらになるの?追加料金は?ハッキリと料金を提示できない清掃業者は要注意です!
料金プランがハッキリしない業者は要注意!

見積の内容も要チェック!

「床清掃 一式 ○○○○○円」
「ガラス清掃 一式 ○○○○○円」
よくある見積もりですが、この内容では、どのような清掃を実施するのか分かりません。床清掃のワックスは何回塗るの?どんなワックスを使うの?ガラス清掃の内側は実施してもらえるの?
そもそも、一式ってどこまでが一式なのでしょうか?非常に曖昧な言葉なので事前に清掃業者に確認することをお勧めします。
見積の内容も要チェック!

許認可の取得や有資格者が在籍している清掃業者ですか?

清掃業といえども県知事登録や国家資格がきちんとあり、ビル管法や建築物衛生法などの法律で維持管理方法が定められています。清掃サービスも安い買い物ではありません。できることなら、許認可をちゃんと登録していて国家資格者の在籍している、信頼のある清掃業者を選ぶようにしましょう。
許認可の取得や有資格者が在籍している清掃業者ですか?

社内研修のしっかりとした清掃業者が安心です。

技術力の向上はもちろんのこと、近年では、作業員のマナーも品質のひとつと考えられています。県知事登録している業者であれば、年1回の技術者研修は義務付けられていますが、マナーの研修は別です。独自の研修制度を積極的に導入している清掃業者であれば、すべてにおいて品質が高く安心できるのは言うまでもありません。
社内研修のしっかりとした清掃業者が安心です。

清掃業者の規模で選ばない

CMで見た業者、有名企業のグループ会社、上場企業など規模や名前で選んでいませんか?
もちろんこのような業者がすべて悪いとは言いません。しかし、品質の高いサービスを提供するのに会社の規模やネームバリューは関係ありません。その業者が、お客様の要望に沿った最善のサービスを提供してくれるのかが肝心です。
清掃業者の規模で選ばない

もしもの事故対応は大丈夫?

「作業中に何千万円もする物を破損してしまった。」「不慮の事故で第三者が負傷してしまった。」あってはいけませんが、絶対にないという保証はどこにもありません。このような事故が発生した場合、その業者に損害賠償能力があることが重要です。具体的には「障害・損害賠償責任保険へ加入しているか」「限度額はいくらまでか」を確認してください。このような保険は清掃業者として絶対に削除してはいけないコストです。事故が起きてから後悔することのないよう、必ず確認することをお勧めいたします。
もしもの事故対応は大丈夫?